法人税,相続税,消費税,に経験豊富な税理士

048(648)9380

消費税輸出還付のご相談は、堤税理士会計事務所にお任せ下さい
税務調査対策も経験豊富な税理士で安心                  


なるべくお客様のご希望に沿う料金で 承りたいと考えております。
どうぞ、安心してご相談ください。
                  堤税理士事務所へ、ご依頼ください。
ご相談お見積り料無料です。
お客様それぞれに「親切・丁寧」な対応を進めております
048(648)9380

海外取引が増えてきた現在
                  当税理士事務所のお客様には
輸出入、海外取引を行う方が多く
輸出入等の書類は基本的に全部英語ですが
輸出業者は消費税が
還付になることが多く、
それらの
消費税還付申告についても
精通しております。

                  税務調査対策もお任せ下さい。

                  消費税還付申告はお任せ下さい。

                  合同会社 埼玉会計
                  堤税理士会計事務所
                  電話048(648)9380 
                  税理士にお気軽にご相談下さい


                  輸出業者のかたや
多額の設備投資をした
場合には、
この届出を出すことにより、
                  消費税が還付になる場合があります。
                  (詳細については当事務所まで)

消費税課税事業者選択届を提出すれば、
                  開業した日の属する課税期間から課税事業者を選択することができます。

消費税の届出の、
                              有利不利については、
                              当税理士に、ご相談ください
堤税理士事務所(埼玉県さいたま市大宮区)は
中小企業庁等より認定された
「経営革新等支援機関」です。
                  税金、経営、法務まで、精通しております
                  お気軽にご相談下さい
当税理士事務所 報酬料金について

事業開始当初は安い料金でも、お受けいたします。
                事業が軌道に乗ってきたら、

                標準的な報酬で、お願いしたいと考えております。

そのために当事務所も全力であなたを

                バックアップしたいと考えております。

ご相談お見積り料無料です。お気軽にご相談ください。


              個人で事業を始められた方で、所得税の申告の仕方が分からない。

などのご相談にも、丁寧に対応いたします。

              当事務所は、平成4年、埼玉県さいたま市で税理士事務所を開設

              法人税・相続税を中心に埼玉県の皆様の、身近な相談相手です。

              平成20年には税理士会大宮支部より表彰されました。

              平成25年には埼玉県さいたま市、さいたま商工会より

表彰されました。

税理士をお探しの方は、安心して、ご相談下さい。            

お近くの方お気軽にご利用下さい

消費税に詳しい埼玉県さいたま市大宮区の
税理士 行政書士 堤友幸

堤税理士会計事務所へのgoogle地図はこちらをクリック

埼玉県さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F
JR大宮駅より徒歩20分または 東武野田線 北大宮駅より徒歩五分 大宮税務署そば            

法人税、相続税、消費税、に詳しい埼玉県さいたま市大宮区の税理士 堤友幸

:)

同族会社

この適用を受けられる宅地は
「被相続人が所有していた宅地等」で 被相続人の親族が
相続または遺贈により取得した
宅地等で、下(1)~(4)の
すべての要件に該当するもの 特定同族会社事業用宅地等
その宅地等を
相続又は遺贈により取得した
被相続人の親族

(申告期限において
その法人の役員である者に限る。)

が相続開始時から
申告期限まで
引き続き有し、

かつ、
申告期限まで引き続き
事業の用に供されているもの

その宅地等のうち
この要件に該当する親族が
相続又は遺贈により
取得した部分に限る。
(2)
建物又は構築物の
敷地の用に
供されていたもの(温室などの一部の建物をのぞく) (3)
棚卸資産
及び準ずる資産
に該当しないもの (4)
各人が取得した宅地等のうち、
選択した宅地等(注)が限度面積までの部分であること。 平成27年1月1日以後の限度面積
特定事業用等宅地等
及び特定居住用宅地等のみ
を選択する場合は、
特定事業用等宅地等400㎡、
特定居住用宅地等330㎡まで
適用が可能とされ、
最大で730㎡までが対象となります。ただし、
貸付事業用宅地等を選択する場合については、
従来どおり調整を行います
①特定事業用宅地等又は
特定同族会社事業用宅地等の面積の合計×200÷400

②特定居住用宅地等の面積×200÷330

③貸付事業用宅地等の面積
①②③の合計が200㎡以下部分まで対象になります。


添付書類
 特定同族会社事業用宅地等に該当する宅地等 ○ 申告書第11・11の2表の付表
○申告書第11・11の2表の付表1(別表)   ○ 遺言書又は遺産分割協議書の写し
印鑑証明書 「印鑑証明書」は必ず原本を提出してください。

イ 特例の対象となる法人の定款(相続開始の時に効力を有するものに限ります。)
ロ 特例の対象となる法人の相続開始の直前における発行済株式の総数又は出資の総額及び被相続人及び被
相続人の親族その他被相続人と特別の関係がある者が有するその法人の株式の総数又は出資の総額を記載
した書類(特例の対象となる法人が証明したものに限ります。 賃貸借契約書 相続税小規模宅地の添付書類(国税庁HPpdf)

この特例の適用を受けるためには、
相続税の申告期限までに
相続人等
の間で特例対象宅地等が
分割されていることが必要です。 その特例対象宅地等が
申告期限までに分割されてい
ない場合には、
この特例の適用を受けられません。 所轄税務署長に対して、
一定の手続をとることによって、
この特例の適用を受けることがで
きます

特定同族会社事業用宅地等とは、
相続開始の直前に
被相続人
及び
被相続人の親族
その他被相続人と特別の関係がある者が有する
株式の総数又は出資の総額
その株式又は出資に係る法人の
発行済株式の総数又は出資の総額
株式、出資及び発行済株式には、
議決権に制限のある株式又は出資を除く。

の50%を超える法人
申告期限において清算中の法人を除く。
の事業
不動産貸付業、駐車場業、自転車駐車場業及び準事業を除く。)
の用に供されていた宅地等で、
その宅地等を
相続又は遺贈により取得した被相続人の親族
(申告期限
その親族が申告期限前に死亡した場合には、その死亡の日。
においてその法人の法人税法に規定する役員
清算人を除く
である者に限る。)
が相続開始時から申告期限まで引き続き有し、
かつ、
申告期限まで引き続きその法人の事業の用に供されているもの (その宅地等のうちこの要件に該当する親族が
相続又は遺贈により取得した部分に限る。